業務用カレー粉販売の杉本商店

杉本商店

元祖カレー南蛮の素
How to Use Curry Powder

カレー粉の使い方

業務用カレー南蛮の素
  • カレー南蛮の素、軽便カレーは脂質の少ない粉状なので、高温の汁物に直接入れることが出来ません、調理する際は常温(ぬるま湯程度)のつゆに溶かしてから、具材を煮た汁と合わせてください。
  • カレー粉を直接つゆに入れるときも、つゆを50℃以下に冷ましてから入れてください。
  • 粒が残らないように完全に溶かしてから火をつけて下さい、混ぜながら加熱して、とろみが付くまで少し煮込んだら完成です。

使用方法

熱い煮汁と合わせる場合
別に用意した常温のつゆにカレーを溶いて、具材を煮た汁と合わせて下さい
溶く為に使う汁の量は、粉の約5倍が目安です。(カレー20gの場合、つゆは100㎖)
  1. 具材を煮るつゆと、カレーを溶かすつゆをご用意ください
  2. 常温のつゆに、カレーを溶かして下さい(つぶが残らないように混ぜ合わせて下さい)
  3. 具材を煮たつゆに、火を止めた状態で②を少しづつ加えてください(水溶き片栗粉の要領で合わせて下さい)
  4. よく混ざったら火をつけ、混ぜながら煮たて、とろみが付いたら完成です
  1. 熱い汁と合わす使い方常温の汁に溶かす
  2. 煮汁と溶き合わす汁と混ぜ合わす
  3. 混ぜながら煮立てる混ぜながら煮る
上の例は薄色のつゆを使用しているので、素の色に近い黄色いカレーが出来ます
具材を別に調理する場合
常温のつゆに溶かして、煮たててから具材をのせて下さい
  1. 常温のつゆにカレーを入れて、つぶが残らないように溶かして下さい。
  2. よく混ざったら火をつけ、とろみが付くまで混ぜながら加熱して下さい。
  3. 別の方法で料理した具を乗せて完成です。
  1. 別に調理済みの食材を使用した使い方常温つゆに溶かす
  2. とろみが付くまで煮立てる混ぜながら煮る
  3. 別の方法で料理した食材をのせて完成具材をのせる

溶き方のポイント

通常の溶き方
カレー粉と汁を合わせる場合は、ツブが残らないように混ぜ合わせてください。(泡だて器を使用すると簡単に混ざります)
使い方のポイント 常温の蕎麦つゆ 次 低温の汁を使用する(通常時) カレー粉を加える 次 全部溶けるまでよく混ぜ合わせる よく混ぜ合わせる
溶けづらい時
冬場にカレー粉が固まっている時に、簡単に溶けない事があります
  • かたまりを軽くほぐして、1〜2分置いてから混ぜて合わせて下さい。
  • つゆの温度が低い時は、50℃位に温めてから合わせてください。
硬いときは軽くほぐしてから入れる カレー粉を加える 次 1〜2分くらい経つと沈む 時間が経つと沈む 次 全部溶けるまでよく混ぜ合わせる よく混ぜる

ダマが出来た時

ダマの溶かし方
十分に溶けてない状態から加熱して煮立てるとダマが出来ます。
ダマが出来てしまったら、かす揚げで掬って濾してから混ぜ合せてください。
かす揚げですくう かす揚げですくう 次 濾して混ぜ合す こして混ぜ合す

Top